• 免税店は数こそ少ないものの、何軒かありますのでここでお土産を買うこともできます。 空港から市内へはアエロエクスプレスが走っており、アクセスは良いです。
  • 中央広場からゴールデン・ブリッジの先にある映画館までタクシーで向かいました。300ルーブルもかかりました。交渉段階ではゴールデン・ブリッジがかなり遠くみえたので思わず妥協してしまいました。乗ってみるとものの5~10分で着く近さで残念でした。 でも晴れた日の橋は素晴らしく魅力的でした。
  • 寒い冬にはショッピングセンターに入って温まるにかぎります。クローバーハウスの入口前にはたくさんのバスが停車しています。入口が見えないほどです。気を付けましょう。
  • ケーブルカーを降りてから、少し歩いて展望台までいきます。全て徒歩でも登れない距離ではないです。展望台に着いた瞬間・・・とても感動しました☆たくさんの願いが込められた南京錠があったり、結婚の記念撮影が行われたりもする愛で溢れた場所でもあります。目の前に広がるのは、ゴールデンブリッジ、金角湾、起伏の激しいウラジオストクならではの美しい街並み、まさに“極東のサンフランシスコ”です。私の中でこの場所は『ウラジオストク観光スポットNo,1』です!
  • 中央広場へクリスマスシーズンに行くと、ツリーや氷のすべり台があって冬のウラジオストク楽しめます。ツリーのほかに机と2つの椅子がありましたが、それがとてもなく大きかったです。
  • 駅舎の装いが美しく、列車に乗る用事がなくても行ってみる価値はあるでしょう。 荷物預け所はホームにありました。その他、売店もあるので列車に乗る前に食事などを買うことができます。
  • キオスクは、安くで雑誌やお菓子が手に入りますので、散策がてら気軽に立ち寄れます。キオスクにも種類があって、パンを専門に販売するお店などもあります。よく見かけたのは、雑誌・おもちゃなどを販売するキオスクですが、とてもカラフルで可愛いので、購入意欲をそそられます。
  • 本の種類なら何でもありそうな、大きな本屋さん。店員さんに英語は通じませんでした。教材はもちろん豊富ですが、子供のおもちゃも置いてあって、カラフルな可愛いお店です。ウラジオストク関連のものもいくつかあるので、ウラジオストクのことを知りながら観光すると、きっとより楽しい旅になると思います。日本語ではないですが、書籍は日本の視点とは異なるロシアの視点で書かれていて、面白いです。
  • 両替をこちらでお世話になりました。愛想のいい店員さんが多く、英語も少しばかりですが通じました。銀行内は、キレイで明るかったです。窓口は仕切りではなく、しっかりとした扉のある部屋になっているので安心です。日曜日に両替しようとしたところ閉まっていて、手持ちがなくなりとても困りました。海外に行く場合は、どこでもそうだと思いますが、現地についたらまず近くの両替可能な銀行の営業日や時間を、把握しておくべきだと思いました。ウラジオストクでの両替は、レートもいいのでこちらはオススメです。
  • 店内には、お酒が数多く並んでいます。ウォッカをはじめとする、様々な種類が豊富にあります。ウォッカは小さめのビンもあるので、お酒好きな方へのお土産に喜ばれること間違いなしの最適品です。但し、ビンなので、割れないように気を付けてください。